自動車のお手入れで一般的なものは洗車ですが、機械洗車ではボディーこそそれなりに美しくなるものの、なかなか足回りのほうまでは行き届きません。タイヤやアルミホイールは、日々の走行で発生するブレーキダストや水、泥などの影響を大きく受ける部分で、そのために汚れが蓄積されていることも多い箇所なのです。これらのお手入れは一般的に次の3つがお奨めです。まずタイヤのお手入れですが、スプレー式のタイヤワックスを定期的に吹き付けるという方法があります。モコモコとした泡がタイヤに付着し、汚れを落として表面にワックスの効果を付着させるものです。テカテカと黒光するので、施工直後は見た目にも非常に満足感が高い商品です。次にホイールクリーナーです。アルミホイールはブレーキダストによる黒い汚れが非常に付着しやすいところです。こちらもタイヤと同様にスプレー式のクリーナーで全体的に泡を吹きつけるだけで簡単に汚れが落ちていきます。アルミホイール本来の美しさや光沢も映えるようになります。最後にブレーキクリーナーです。タイヤとホイールに比べて施工する人は非常に少ないのですが、ブレーキという安全上でもっとも大切なパーツに付着した汚れや不要なゴミなどを取り除く効果がある商品です。足回りのお手入れはこの3つを定期的に行ってみてください。湖畔01